ウィリーズのオンライン英会話学習方法について

学習方法

英語学習の基本に忠実であること。これが英語上達の近道です

 
 


 
インプットのないレッスンは時間の無駄です。
 
繰り返しになりますが、アウトプット、つまり英会話力をつけるには、インプット(知識の習得)がかかせません。

よく日本人は読み書き、文法が得意で、ヒアリング、英会話力が弱いという話しを聴きますが本当にそうでしょうか?

読み書き、文法が得意とはテストの穴埋め問題ができるというだけで、実はその知識を使いこなすことができる人はそれほど多くないのが現実です。

毎日英語を話せる環境が整ったとしても、ネイティブ講師とのマンツーマン英会話を取入れたとしても、日々のインプットがなければ直に壁に直面してしまいます。
これらアウトプットだけ、つまり英会話レッスンだけの英語勉強法だと、自分が既に持っている知識以上の英会話力はつきません。

ウィリーズオンライン英会話教室では、インプットとアウトプットを同時に強化していくレッスンをご提供いたします。

ただしご安心下さい。当英会話教室の経験豊富でエネルギッシュなあなたの担任講師とていねいなサポート体制で、これまでなかなかうまくいかなかった英語学習をサポート致します。


私たちが提供する英語勉強法は決して新しいものではありません。言語習得の基本に立ち返ることが重要です。その基本を2つのトレーニングに集約しました。


 

英作文トレーンング(GCC: Grammar, Composition and Conversation)

 
1つめの英語の勉強法はGCCです。
GCCは英語学習の基礎となる文法と構文を学習し、会話に応用するトレーニングです。

使用する英語教材は、もちろんそれぞれのレベルによって違うのですが、市販されている高校受験用、大学受験用、TOEIC受験用の教材を活用します。文法、構文に関しては、さすがに日本の高校・大学受験用教材は優れています。

これらの英語教材を活用しますが、先ほど述べたように使い方は異なります。教材には受験向けに穴埋め問題や並べ替え問題、英訳、和訳問題などありますが、私たちの英語勉強法では、どの問題も徹底的に日本語文を英語文に直すトレーニングを繰り返し行います。まずは英語上達の基礎となる文法と構文を、日本語と同じように意識せず使いこなせるようになるまで繰り返しトレーニングします。

ここまで聞くとぞっとするかもしれませんが、無理は禁物です。的確な量を的確な方法でトレーニングしていきますのでご安心ください。英語はいくらあせってもすぐに上達するものではありません。いかに適切な方法で、一定量を一定期間長続きさせるかが重要です。

更に、これらの英語教材で身につけた知識を、週2回の担任との英会話トレーニングで実践練習するので、知識を使う楽しさを思う存分味わってください。更にそこでは知識の応用方法や発音など的確なアドバイスを受けることができますし、もし知識の定着が不十分であれば、学習計画を修正するなど自分にあった勉強法を継続することができます。また毎週特に重要な内容、間違ってしまった内容などは担任講師が記録しフィードバックしていきます。

このトレーニングでは特に、文法力、構文力、英作文力、会話力などが特に鍛えられます。


 
 
1. 理解
まず10-20個の日本語文を英訳します。英訳に詰まってしまったら時間をかけず解説を読みましょう。解説 を理解し、単語を調べたら次に進むという要領で10個の英訳を終えます。もし時間があるようなら一度でいいので英文を紙に書いてみるのもスペルを覚えるに は良いでしょう。ただ紙に書くと時間がかかるので面倒であればこれは二の次で良いです。
 
2. 個別音読
次に最初の文章にもどり、3−4回音読します。音読の際には、解説にあった文法や単語・熟語をイメージしながら音読します。ステップ2の要領で一つずつ合計10-20個の文章の音読を行います。(イメージしながらという点がとても重要です。)

音読の効果はRLCトレーニングで説明しますが、とても重要です。音読を何日か続けてやっていると本当にその効果を実感すると思います。私も英語での大きなプレゼンテーションや会議などがある前の日は音読で口や頭を英語にならす作業を未だにしています。
 
3. 速読音読
最後に、10-20個の文章を続けて音読します。最終的には英文をみず諳んじられるようになるのが目標ですが、できなければ教材を読みながらでも結構です。レッスンまでに暗記しようと頑張りすぎないようにしましょう。
 


 
先生とのレッスンではこれらのセンテンスを使った実践練習を行います。

上記の流れで1週間のトレーニングを行い、一つのセクションを最低3回は繰り返します。2、3回目になれば、上記ステップ2、3のみで大丈夫です。そして次のセクションに移ります。

教材全てのセクションを終えたら、最後に全セクションを一気通貫で(教材の最初から最後まで)音読×3回やって終了です。

途中のサイクルで答えを見なくとも英訳ができるようになる方も多いとは思いますが、最初はこのサイクルをぜひ忠実に守ってください。ここが、テストで良い点を採るだけの学習か、将来使える英語力を身につけるための学習かの分かれ道です。最終的には全てのセンテンスを諳んじることはもちろん、先生とのレッスンにより実践力が身に付いています。


音読トレーンング(RLC: Reading, Listening and Conversation)

 
2つめの英語勉強法はRLCです。
RLCは音読中心のトレーニングです。この音読こそ英語学習の王道といえます。

音読の重要性は多くの専門家が唱えられています。実際、英 語のプロである同時通訳になるような方たちは、専門学校でこの音読トレーニングを徹底的に行います。中学高校でこの英語勉強法が軽視されていることは悲し い限りです。その理由はやはり試験ありきの授業だからでしょうか。

ともかく、音読中心のトレーニングを徹底的に行っていくわけですが、その効果はリーディングだけにとどまらず、リスニング力、語彙力、会話力までも強化します。こ のトレーニングで使う英語教材もGCCと同様市販されている教材なのですが、CD付きの教材を使用します。ナチュラルスピードの英語を聞取り、それを声に 出してリピーティング、シャドーイングしていきます。このトレーニングも何度も繰返すことにより、文章そのものを自分のものにしていきます。いろいろな ジャンルの文章に触れることで、語彙力がつくだけでなく、幅広い分野での言回しを身につけることができます。

GCCと同様、ウッと怖がらないでください。無理は禁物です。当英語教室では暗記は強要しません。自然に口になじむまで焦らずレッスンをおこなっていきます。
もちろん、RLCで得た知識も週2回の担任との英会話トレーニングで思う存分試してみてください。


基本的にはどのコースも、またどのレベルにおいても上記2つの基本トレーニングで英語能力を鍛えていきます。何度も繰返しますが、受験勉強だけ、英会話だけの勉強ではなく、両方一緒にすることが実は最も効果的な英語勉強方法なのです。



次に2つ目の英語勉強方法であるRLCトレーニングの具体的な進め方をご説明します。
生徒の皆さんは毎週1つ、若しくは2つの文章を次のステップで習得していきます。


 
 
1. リスニング(テキストは閉じたまま)・・・1日目
テキストは閉じたまま一つの文章を最初から最後まで10回聴きます。その中で、自分が聞き取れない箇所はどこかを明確にします。何度聴いても分からない部分があるとは思いますがご心配なく。最初は誰でもそんなものです。
 
2. 音読(テキストを開いて)・・・1日目
CDの音声に続いて、1センテンスずつ音読します。1センテンスがandやbutなど接続詞で繋がれていて長い場合は、音読しやすい長さに切ってください。
特にStep1で分からなかったセンテンスを確認したり、各センテンスの単語や文法を解説を読みながら理解しましょう。
 
3. リピーティング(テキストを開いて)・・・2日目
Step3〜6は文章が長い場合は1パラグラフ毎に区切って行います。
まずStep2と同じ要領で、1センテンスずつCDの音声に続いて音読します。この際Step2で確認した単語や文法などをイメージしながら音読します。
Step3は少なくとも3回繰り返しましょう。またうまく言えないセンテンスは集中的に繰り返し口にだしてみましょう。


4. 音読(テキストを開いて)・・・2日目

次はCDはつかわず、テキストを3回音読します。
Step3と同様、音読の際に単語や文法などをイメージしながら、またテキストの意味を想像しながら音読するのがコツです。
 

5. リピーティング(テキストを閉じて)・・・2日目

ここがこのトレーニングの山場です。1センテンスずつCDの音声に続いて音読しますが、Step5ではテキストを閉じて音読をしてみましょう。
最初はどうしてもCDの早さについていけない、聴いてもすぐにセンテンスを忘れてしまうと思いますが、ご心配なく。誰でもはじめはそんなものです。
 

6. シャドーイング(テキストを閉じて)・・・2日目

時間的な余裕があればぜひシャドーイングも挑戦してみましょう。CDの音声に若干遅れてセンテンスを口ずさみましょう。
 


 
私たちが用いる教材はレベルにもよりますが、通常一つの文章に2、3のパラグラフがある長さのものを用います。

先生とのレッスン前に約1〜2つの文章を予習します。先生とのレッスンではこれら文章についてリピーティングを行います。また、皆さんの習熟度をチェックしたり、文章についてディスカッションしたりします。更に、各コースの中位レベルからは毎回のレッスンで、一人ずつショートスピーチを行ったりします。

このような1週間の流れを続け、30くらいの文章が終わったところでもう一度最初の文章に戻り、今度はStep3〜Step6だけを行います。こうして、一つの文章を10回(10周)トレーニングします。すごい大変なように聞こえますが、2回目、3回目くらいになると驚くほどスムーズにトレーニングを進めることができるようになり、時間もかからなくなります。
最終的には全ての文章が身に付いていることはもちろん、リスニング力、語彙力なども格段に向上しています。そして音読してきた文章、言回しが、自分のものとして様々な場面で使えるようになっているはずです。