カテゴリー別アーカイブ: 文法

「〜まで」を表すuntil と by の使い分け

今日は「〜まで」という意味で、会話の中でよく使う until と by の使い分けについてご説明します。

両方とも日本語では 「〜まで」という意味を持ちますが、使い分けが必要です。

<by を使う例文>
I have to be there by 8pm.
(私はそこに8時までにいなければいけない)

<untilを使う例文>
I can sleep until 8pm tomorrow.
(私は明日8時まで寝れます)

どうでしょうか。どちらの文も日本語では「〜まで」と訳しますが、最初の分は by を、次の文は until を使っています。

by は何かの「期限までに」という意味で、untilは「一定の期間まで」という意味で覚えると分かりやすいです

アクションの時間が一定期間続いている場合は untilで、期限を表す場合は byです!

ぜひレッスンの中で使ってみて下さい。

I wanna go to bed by 9pm tonight!!!

「AとBは同じです」 の表現方法

まずは以下の例文はどのように英語で表現できるでしょうか?

1) 彼女は君とおなじように美しい

2) あなたの友達はあなたと同じように熱心に勉強します。

3) 私のはあなたのと同じです。

4) 彼は私と同じ学校に通っています。

答えは以下のようになりますよね。

1) She is as beautiful as you.

2) Your friend studies as hard as you.

3) My car is the same as yours.

4) He goes to the same school as I do.

ここで「AとBは同じです」と表現する場合、「as~as」と表現するか、「the same as」と表現するか大きくこの2つに別れます。

実は、
– 比較している対象が形容詞や副詞の場合: as~as
– 比較している対象が名詞の場合: the same as
を使います。

つまり上記の例では、

1) 形容詞「美しい beautiful」 を比べているので as~as

2) 副詞「熱心に hard」 を比べているので as~as

3) 名詞「車 car」を比べているので the same as

4) 名詞「学校 school」を比べているので the same as

となります。