オンライン英会話のウィリーズ英語塾

ダニエル・ピンク in TED 「やる気に関する驚きの科学」

社員のやる気を引き出す
チームのやる気を引き出す
子供のやる気を引き出す

これらは仕事、プロジェクトを進めていく上で、また自分自身の人生をより豊かにする上で一番重要だと思います。

「モチベーション3.0」のダニエル・ピンク氏のTEDがとても興味深かったのでご紹介します

There’s a mismatch between what science knows and what business does.

ダニエル・ピンク氏によると、アメとムチ、つまり報酬で社員のやる気を引き出せるのは「シンプルで機械的な仕事」のみであり、「創造力が必要な仕事」「複雑でゴールが1つではないような仕事」では、むしろ悪い結果になるのだそうです。

このような仕事では、報酬ではなく
1. Autonomy
2. Mastery
3. Purpose
の3つがとても重要であり、この考えに根ざしたGoogleなどでの取組を紹介しています。

私自身のこれまでのキャリアを考えたとき、賛同できる部分は多いです。

ぜひ英文、日本文のキャプションで何度もみてください!

 

 

滝川クリステルさんの英語勉強法

先日といってもかなり前ですが、J-waveを聞いていたらDJの方が、滝川クリステルさんに、「良い英語上達法はないですか?」と質問されたそうです。

答えは、「好きな映画を100回みて」とのこと。

英語はやっぱり理解した後の反復なんですよね。

また脳科学的にもこの「映画を見ながら」という学習法は特にリスニングにも効果があるようです。聴覚だけでなく視覚からも情報を得ることでリスニング力がアップするとのこと。
ただこのラジオDJの方曰く、数回映画をみたらそれ以上続けられなかったそうです。相当好きな映画でないと持ちそうにないですね。

WiLLiesでも今後映画のスクリプトを使ったレッスンを取入れたいなと考えています!

NHK 英語リスニング 柴原氏

前回実践英会話をご紹介したので、今回は「NHK 英語リスニング」をご紹介します。

この教材もとても良いです。

「リスニングが弱点だ」と言う人はとても多い。WiLLiesの生徒さんにもリスニングを強化したいという方がたくさんいらっしゃいます。

リスニング強化のためにいろいろな教材やメソッドがあります。一番多いのは「量」を重視した教材でしょうか。
私自身、英語の聞き流し教材をいくつも購入してトライしてみました。

もちろんやらないよりかはやった方が良いと思いますが、いつまでたっても聴き取れないものは聴き取れない。聞き流し続けても聴き取れない。

こういった悩みを抱えている方は相当いると思います。

そういった方に、この教材をお勧めします。
教材の冒頭でこのような説明があります。

「口に出せる英語は聴き取れる」

これです。確かに口に出せないようなものは聴き取れないのです。

そう考えると、聞き流しリスニングは限界があることがわかります。リスニングも文法と同様に、「弱点を洗い出し」「弱点をつぶす」ことが必要です。そして口に出せるようになる。その結果聴き取れるようになります。

この教材ではWiLLiesのレッスンでも取入れている「暗唱リピーティング」「シャドーイング」を取入れることで、口に出すことを重視しています。ぜひ挑戦してみてください。

 

この教材ではこうも言っています
「放送のあとにどこまで復習できるかで、力のつき方が全く違ってきます」
レッスンでも同様ですね。レッスンだけでなく、きちんと宿題を音読をやりましょう!

ただ最後にこうも言っています
「その一方であまりに無理をしすぎて勉強そのものを放り出しては元も子もありません」
「・・・長丁場ですから、たまに疲れが出るときもあるでしょう。そういうときは、単に放送に耳を傾けるだけでもいいですし、ラジオのスイッチを入れるだけ、またはテキストを開くだけでもいいのです。」
これもレッスンと同様です。宿題ができなかったときは、気軽にレッスンに参加して、おしゃべりを楽しんでみて下さい!

NHK 実践ビジネス英語の杉田敏氏

NHK 実践ビジネス英語を担当していらっしゃる杉田敏さんのメッセージになるほどなーという一文がありましたので紹介します。

「1987年4月にこの番組が「やさしいビジネス英語」としてスタートした時に、George Bernard Shaw の言ったIf you teach a man anything, he will never learn.ということばを紹介しました。つまり、「学ぶ」ということは自主的・積極的な努力であり、他人がいかに強要しても「教える」ことはできない、 という意味です。

この番組では皆さんが効果的に学ぶためのお手伝いはいたしますが、それ以上は本人がやる気にならなければ上達は見込めません。(https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/business2/message.cgi)」

当校の名前 ”WiLLies”  もWILL つまり、自分の意志、やる気がないと何も始まらないという意味です。

ただ英語の必要性は生徒さんにとってまちまち。
たとえば子供の生徒さんだと日常で英語が必要になる場面はほぼないですよね。ただ英語ができると、将来必ず子供の選択肢を広げてくれる。少しのやる気を持続させるための仕組みをブラッシュアップしていきます。

英会話スクールではそれなり。でも実践では歯が立たないのはなぜか?

生徒さんと話しをしてみるとこのような症状にある方は相当数いらっしゃるようです。

思い切って留学でもしないかぎり他に方法ないのではというのが悩みのようです。(だから代替として「聞くだけ・・・」に走ってしまったという方も相当数いらっしゃいました)

なぜ、英会話スクールに通っても思うような力がつかないのでしょうか?

それはとってもシンプル。
英会話スクールではいつも同じ単語、センテンスしか使ってないから。一向にインプットが増えませんよね。

インプットなくしてアウトプットなしです。
もちろんスクールでなにもやっていないわけではありません。
「挨拶の仕方」「ショッピングで」「会議でのやりとり」「プレゼンテーション」・・・といったスキット会話をやっているわけです。

数回練習しただけで、さぁ次回はこれね。では実践で使えるわけはありません。(ただ、これらのレッスンでは「英語をしゃべった感じ」はとても強く感じられるはずです)

但し、たとえ覚えていたとしても、スキットどおり会話が進むわけもありません。
だからいつまでたっても実践では歯が立たないのです。

いちばん必要なのは応用力をみにつけること。

それには、ゆるぎない基本を身につける必要があります。それには如何に音読を日々こなしていくか。とてもシンプルですが絶大な効果があります。

ウィットに富むTEDのフレーズをピックアップ!

TED “How to suceed?  Get more sleep”にあるフレーズをピックアップしました!

「もしリーマンブラザーズが、リーマンブラザーズ&シスターズだったら、破綻しなくて済んだのでは?」これを英語で言うとなんというでしょうか?

「俺、忙しくて3時間しか寝てねーよ」的な発言をする男子が多いですよね。とても楽しく、なるほど!と関心するフレーズが満載です。

とても面白く、機知に富むTEDでした。
マイページの School Cardにアップしてますので、ぜひ音読してみてください!

オリジナルはこちらです

スクールカードアップデートのお知らせ

スクールカードをアップデートのお知らせです。
ぜひマイページから空き時間に学習ください!

1)シチュエーション英会話(上手に提案する方法!)
ビジネス、海外での生活など、様々なシチュエーションでよく使うセンテンスを集めました。
今回は「上手に提案をする」ときに使うフレーズです。

GCCトレーニングのように、音読をくりかえす中で身につけていきましょう! 慣れてきたら、主語や動詞を変えていろいろなパターンで使えるようにしてみてください!

2)WE CAN 1 Unit3
子供英会話コースをご利用の方向けカードです。きちんとレッスンの内容が身についているか確認に使ってみて下さい。

「AとBは同じです」 の表現方法

まずは以下の例文はどのように英語で表現できるでしょうか?

1) 彼女は君とおなじように美しい

2) あなたの友達はあなたと同じように熱心に勉強します。

3) 私のはあなたのと同じです。

4) 彼は私と同じ学校に通っています。

答えは以下のようになりますよね。

1) She is as beautiful as you.

2) Your friend studies as hard as you.

3) My car is the same as yours.

4) He goes to the same school as I do.

ここで「AとBは同じです」と表現する場合、「as~as」と表現するか、「the same as」と表現するか大きくこの2つに別れます。

実は、
– 比較している対象が形容詞や副詞の場合: as~as
– 比較している対象が名詞の場合: the same as
を使います。

つまり上記の例では、

1) 形容詞「美しい beautiful」 を比べているので as~as

2) 副詞「熱心に hard」 を比べているので as~as

3) 名詞「車 car」を比べているので the same as

4) 名詞「学校 school」を比べているので the same as

となります。

海外在住・TOEIC850の生徒さんからの嬉しい一言

今回、無料体験レッスンを受講してもらったのは、TOEIC850/オーストラリア在住の生徒さんでした。

実は、WiLLies Englishでは、海外在住の生徒様も大勢いらっしゃいます。

体験レッスン後、いつものように私から生徒さんにレッスンフィードバックを伝えようとする前でした。

「こういったトレーニングが必要だったんです。毎回のレッスンでしっかり新しい内容を学ぶことができますね。当たり前だけどこういう英会話スクール少ないです。」

私 も留学していたことがあるので生徒さんの気持ちがよく分るのですが、どんなに環境が整っていても、いちいち文法を注意してくれる人はいないし、新しい言い 回し(センテンスや)、誤った単語を指摘してくれる人はいません。そうなると、自分の得意な場面、慣れ親しんだ内容だと話ができるようになるのですが、少 しでも話題が飛ぶ、いつもと違う人と話をするといった場面だと、もう話せる量が一気に減ってしまい、太刀打ちできなくなります。

実 は英会話スクールも同じです。外人の講師と話をするのは楽しい。プライベートだと話せる機会は整います。ただ、そこで新しい言い回しをどんどん増 やし、かつそれが体にしみこむまで(使えるようになるまで)繰り返しトレーニングしてくれるスクールは実は少ないのが現状です。

様々な場面を想定したロールプレイ形式(例えば、講師がお客様、生徒が店員といった役割でのレッスン)の教材はありますが、圧倒的に習う内容(言い回し/センテンス)が少ない
。結局、少ない知識量を総動員して身振り手振りで話すことが多く、知識量が増えません。

ロールプレイ形式のレッスンはやっていると上達した感はあるのですが、それはその場限り。現実世界で使えるようになるには反復トレーニングを積み、知識を使えるようにする必要があります。

ただ、一見聞くととても大変そうなトレーニング(やってみるとそうでもないが。。。)を如何に楽しく、自然にこなせるようにするかについてはまだまだ改善の余地があると感じています。

た とえば毎朝の日課になるようなトレーニング、気分がスカッとなるようなトレーニングが理想です。最近マラソンブームですが、マラソンをやらない人からみると なんで好き好んで走るのか?と疑問がわきますよね。

でもやっている本人からするとマラソンをしないと気持ち悪い。レッスンもそんな形にする必要があると考えて います。

お客様からの声を聞き漏らさず、また声にならないニーズや課題を我々がくみとって、更によいサービスになるよう邁進していきます。

これからも貴重なご意見、ご要望などなど頂ければ幸いです!!