症状1 ネイティブ講師のいえる英会話スクールでは話せるのだけど・・・

症状

私が通っている英会話スクールは評判も良いし、コースや教材もしっかりしている。先生はネイティブでマンツーマン。なるべく話せる環境を整えようと週2回通うことにした。結構値段は高いが自分への投資は惜しまない。

私がとっているのはもちろんビジネスコース。1ヶ月前は「電話の対応」というテーマで今月は「会議」。いろいろなシチュエーションで先生とロールプレイをやる。このロールプレイが実践的で気に入っている。エクササイズでは応用力が鍛えられている気がする。

こんな感じで1年間通った。英会話スクールでは先生やスタッフも口を揃えて、Good Job! と言ってくれるし、What’s up?とかちょっとアメリカ人ぽく挨拶できるようになった。なんといってもネイティブの先生に話しが通じるのが嬉しいじゃないか!

ただこんな自分も最近このスクールを続けていいのかどうか悩みんでいる。英会話スクールではこんなに楽しいのに、職場で外人と話しをすると、ロールプレイで習ったはずのセンテンスが出てこない。言回しが違うと何を話しているのかよくわからない。ちょっと話しが話題からそれるともうこれが英語なのかどうなのかすら分からない。
どうしよう。私の英語は上達しているのかしら。。。


問題点

実は多くの日本人にとって英語を上達させるためにネイティ ブであるかどうかは関係ありません。ただネイティブであると楽しい感じはします。また英会話スクールでは通じるけど、実際には通じないということも多々あ ります。英会話スクールの先生はなんといっても暖かい人が多い。こちらを理解しようと頑張ってくれますから。現実にはそんな素敵な方は少ないですよね。

また多くの英会話スクールで取入れられているロールプレイ ですが、これ自体は悪いエクササイズではありません。ただ、ここで習ったセンテンスや単語、構文などが完全に身につく前に、どんどん先に進んでしまうので 結果使えないものになってしまっています。英語は数学や物理などとは異なり公式を覚えると問題が解けるようになるわけではありません。文法や語彙、センテ ンスを理解してもそれが実践で使えるわけではないのです。英語はむしろスポーツに似ています。つまり何度も何度も繰り返しやらないと実践では使えない。このような繰り返し学習は多くの英会話スクールではとられていません。

またもう一つの問題点としては、インプット、つまり知識の 習得がないまま、アウトプット、つまり会話の練習ばかりやっていることです。英会話スクールに通い始めると最初の3ヶ月、若しくは半年くらいまでは自分で も上達している気がします。それはこれまで皆さんが中学高校時代に蓄積してきた知識を使えるものに転換しているからです。ただこの蓄積が浅い人(多くの人 がそうです)がアウトプットばかりやってもそもそも実践に転換できる知識が少ないのですぐに壁にぶちあたってしまいます。

英会話スクールはエンターテイメントであり、英語をトレーニングする場ではないところが多いのが現状です。


解決策

英会話スクールは特に小さなお子さん(幼稚園くらいまで)や、留学帰りのような英語力が既にある方が自分の英語力をキープするために活用するのであればとても良い場所だと思います。
またネイティブとお話するのが楽しいという方もおすすめです。確かに彼ら/彼女たちはとても良い人が多くて、話していて楽しいです。

ただ上記のような方でない場合はあまりお勧めできません。 習った知識を体に染込ませるまでトレーニングをする。つまり同じ教材を何度も何度も繰り返し行う(慣れてしまえばそんなに難しいことではありません)。ま たインプットしたものをアウトプットすることで実践力を鍛えることが重要です。そのようなトレーニングをされることをお勧めします。
詳しくは当英語教室の英語勉強方法をご覧下さい。

症状2 毎日話せるオンライン英会話スクール”で毎日話せる環境は整ったが・・・

症状

英語を話せるようになるには環境が大切。留学本には”毎日英語を話す環境にいると1年後くらいから自然と話せるようになった」と体験談に書いてあった。そうか、だから中学高校と英語を勉強しても話せるようにならないんだな。だって英語を話す環境が全くないんだから。

そんな私が”毎日話せるオンライン英会話”の広告を見たと きにはキタ〜!と思いすぐに申込んだ。毎日フィリピン人の講師達と25分話しをして一ヶ月5000円もいかない。これなら続けられる。講師のレベルはまち まちだが、なんといっても”毎日英語を話す環境”を手に入れることができた。

ただこんな私だけど最近憂鬱である。なぜなら体験本でみた 1年がまもなく経とうとしているのだ。実は最初の2、3ヶ月は満足していた。それなりに英語で挨拶ができ、自己紹介ができるようになり、片言だけど講師と 話しができるようになってきた。ただそんなことも3ヶ月を過ぎると全くなくなった。いつもいつも同じような言回ししか使わず、同じような話しをしている。 自分が使えるセンテンスが全く増えない!これでは海外旅行にはいけるけど、留学、ましてやビジネスで英語を使えるようにはならないのではないか?!
どうしよう。思い切って仕事を辞めて留学すべきかしら。。。


問題点

確かに英語を話す環境を作ることは重要ですが、これも症状1と同様、インプット(知識の獲得)なくしてアウトプット(会話)ばかりしても英語は上達しません。直に壁にぶちあたってしまいます。そもそも毎日授業があると復習する時間はありません。

また、オンライン英会話の多くは、毎日講師が違います。意図して変えているのであればいいのですが、そうではありません。特に大人数の講師を抱えているスクールでは講師の質がまちまちなので、本当に素敵な講師は予約がとれないのが現実です。
毎日講師が違うとどうなるか?毎回のレッスンに継続性がない。場当たり的になってしまう。いつも同じことの繰り返しになる。またレッスンの復習ができないので知識の刷り込みができない。更には誰も生徒さんの英語の上達に責任を持たない状況になります。

また、多くのオンライン英会話にはきちんとした教材やコー ス、レベル設定がありません。独自教材といってもNHKなどの映像や記事が大半をしめます。これ自体は悪くないのですが、これらの教材をどのように教える のかというメソッドがないため、講師によってレッスンの仕方が違う。更には、生徒に1、2回文章を読ませて、発音と意味を確認するだけの講師が大半だった りします。


解決策

既にオンライン英会話を通っている方は、どのようなトレー ニングをしたいのか、また今後の学習計画を自分自身で作り、信じれる講師に説明されてみてはいかがでしょうか?講師任せのレッスンは絶対に避けましょう。 毎日、講師のおしゃべりにつき合っているだけの時間になってしまいますよ。

詳しくは当英語教室の英語勉強方法をご覧下さい。

症状3 聞くだけで話せるようになるCD”でいつまでたっても話せるようにならない

症状

本当にこれだけなのか!?これまで英語学習に何度挫折してきたことか。通勤時間を利用すれば俺でも続けられる自信はある。確かに、ヒトが言葉を覚えるのはまず耳からというじゃないか。

何事も3日坊主の俺だが実は「聞くだけCD」を始めて今日で半年になる。

ただ実は悩みがある。いったい今日聞いた英語は何をしゃべっていたのだろうか?女性が2人と男性が1人いたことは確かだ。俺の英語力が向上してきたのかな?いやそんなことはない。女性と男性の声くらい何語だろうと聞き分けられるはずだ。

いったいいつになったら「自然と英語が口をつくようにでてくる」のだろうか?そういえば俺の子供が日本語を話すようになったのは1歳半くらいだったっけ。あと1年がんばってみるか。
それにしても、今日は半年目。Congratulation to me!


問題点

このようなCDで効果のある人は限られています。つまり、 既に英語の知識がそれなりにあり、CDで話されている英文を見れば意味や文法、構造がスッと分かるレベルの人達です。このような人であればどんどんCDを 聴いていけば効果はあるでしょう。(ただこの場合も、聞くだけでなく音読や英作をした方が格段の効果はあります。)

上記以外の人達、つまり英語の文法に弱い方、文法知識はあるけども英文を読むときに辞書片手に調べながら読まないと駄目な人、時間がかかって仕方がないような方がこのような教材で学習したとしても一向に効果は上がらないでしょう。

英語の知識が少ない人がアメリカに数年暮らしても全く上達しない人達が多くいます。この事実を冷静に考える必要があります。


解決策

赤ちゃんの言語学習能力と大人のそれは全く異なるという事実を理解する必要があります。大人達(小学校高学年を含め)は英語を第2外国語として学びます。その場合は、やはり文法や語彙力を鍛える必要があります。

仮に英語の文法や語彙に弱い方であれば、このような教材は絶対に避けるべきです。英語習得には魔法はありません。嫌いかもしれませんが英文法や語彙、つまりインプットを鍛える必要があります。ただ、受験英語のような暗記学習は必要ありません。
詳しくは当英語教室の英語勉強方法をご覧下さい。

症状4 TOEIC対策本の効き目がなくなった

症状

なるほど!TOEIC文法にはこんなパターンがあったのか。確かにこの過去問はこのパターンそのまんまだな。よし、これでいこう!

TOEICは会社の昇進で必須なので、対策本を買って毎日勉強をがんばっている。すると半年後にはこれまで恥ずかしくて言えなかった400台のスコアから500台中盤にまで上がった。この対策本を買って本当に良かった。Thanks for 対策本!

と、私は半年前まではそう思っていたのだが、ここ最近対策本の効き目が全くなくなったようだ。何度TOECIを受けても一向にスコアが伸びない。600台に乗ったかと思いきや前回はまた500台半ばだった。よし、今回は対策本を5冊まとめ買いして全部やってやろう!
大人買いできるようになれた自分がちょっと嬉しい。。。


問題点

TOEIC対策本は、確かに初期の頃であれば即効性があります。また試験自体に慣れるという意味では、ぜひ試験前に1、2回目を通す価値のある教材です。

しかし、TOEICが英語能力試験として優れている点は、 このような対策本だけでは太刀打ちできない壁に誰もが直面してしまうことにあります。日本人にとっては、TOEICは短い時間の中で大量の英語を的確に処 理する能力が求められます。公式やパターンを覚えていても、いちいち「え〜とこの問題は、このパターンだな、だからえ〜と」と考えているようだと決して高 得点をとることができない試験なのです。

TOEICスコアが伸び悩んでいる方は、TOEIC対策本で効率的にスコアアップを目指すんだという学習方法を見直す必要があります。


解決策

TOEIC対策という一見効率的で、確実に見える学習方法 は捨ててしまいましょう。TOEICである程度のスコアをたたき出すには本当の英語力が必要です。そうです。音読と英作を中心とした体への知識の刷り込み (インプット)と、知識の応用(アウトプット)が重要です。この基本トレーニングをすることで単なる”知っている”知識が、”瞬時に使える”知識に変わり ます。まずは半年、1年間ほど英語学習の基本トレーニングを信じて取組まれることをお勧めします。
詳しくは当英語教室の英語勉強方法をご覧下さい。

症状5 高校/大学受験対策は順調だ。英語を除いては

症状

私の志望校は有名校。この学校に絶対入りたい。だから予備校にはもちろん通っているし、正月も返上して冬期講習をとった。この1年間でかなり私の偏差値はあがったの。

でもどうしても英語の点数があがらない。先生のプリントも毎日こなすし、間違えたところは復習をしている。どうしてだろう?英語は必須科目で捨てるわけにはいかないし。この予備校が合わないのかもしれない。

よし、お母さんに相談して他の予備校の授業も一緒に受けることにしよう。
予備校、我が青春。。。


問題点

偏差値が高い有名校の中にはネイティブでも頭をかしげるような奇をてらった問題もあります。ですので、過去問は必ず徹底的に学習すべきです。そういう意味では志望校の試験を分析し対策を練ってくれる予備校はそれなりに効果はあると思います。

ただ英語という教科はそれだけではやはりだめです。高校/大学受験もある程度の偏差値以上を狙っている方はTOEICと同じだと考えて下さい。

英語の場合、基礎がきちんとしていないと、いくら過去問対策をしても応用力が付きません。つまり予備校や塾で習っていることが単なる暗記で終わってしまっているということです。
ここでいう基礎とは、基礎的な文法や語彙を理解・暗記し、 問題集を解くというレベルではありません。それら知識を使い英語が自然と口からスッと出てくるレベルのことを言います。ここまでの基礎ができると後は過去 問を2、3回繰り返しさえすれば面白いように吸収できるはずです。

高校受験・大学受験で英語の偏差値が伸び悩んでいる方は、まずは基礎固めに取組んでみて下さい。


解決策

基礎固めのトレーニングは何も特別なことをする必要はありません。皆さんが受験対策で使っている文法・構文、長文読解の教材でもOKです。ですので、基礎固めをしながら受験対策もできるわけです。

但し、教材の使い方が普通と異なります。文法教材の場合、 穴埋め問題や並べ替え問題などが多いと思いますが、これらの文を徹底的に英訳しましょう。それを何度も繰り返して、最終的には日本語を見ればスッと英訳で きるレベルまで持っていきます。ただ英訳する際に頭の中で文法を意識しながら行って下さい。

また長文の場合は音読すべきです。教材はぜひCD付きのものを選んで下さい。CDの音声に従い、ワンセンテンスずつリピーティングすると効果があります。最終的には教材を見なくても、音声に続いてスッとリピーティングができるようになればほぼ完成です。

この2つのトレーニングで文法、読解、語彙、リスニングに関する基礎力が付きますし、またスピーキング力まで磨かれます。ぜひこのトレーニングに挑戦してみてください。(詳しくは当英語教室の英語勉強方法をご覧下さい。)
英語に関しては、予備校通い/過去問対策はこの後でいいでしょう。

症状6 いつも3日坊主。英語教材が溢れかえり一体何を信じていいのか・・・

症状

私の英語学習歴は長い。もう3年にもなる。本屋にある英語 教材のことならよく知っている。だから同僚からいつも相談を受ける。最近のおすすめは、なんといってもTEDを使った教材だ。これは著名人の魅力的なプレ ゼンテーションを使って英語学習をするというもの。映像も無料で手に入るし、なんといってもキャリアウーマンの私に合っている。

ただ自分の英語学習となると、実は自信がない。どの教材も一理あるし魅力的に見える。目移りしてしまうのだ。だから1ヶ月して何か効果がでないとすぐに他の教材を買ってしまう。こうしていつも3日坊主になってしまうんだ。

あ〜私に最高の合う教材に早く出会いたい。
なんか私の私生活に似てきたな。。。


問題点

まず日本人の多くは中学・高校と6年間も英語を勉強してきたのに、さっぱり話しができないし、聞くこともできない。また読解はどうかというと原著をそのまま読むことはやっぱり難しい。こんな状態だから基本的に英語の学習方法に疑念を抱いています。
更に、本屋さんは英語教材の本で溢れかえっています。更にそれらの本はどれも一理あるし、最近のものはCDやDVDまで付いていてなにか楽しそう。

だから一度トライしてみて、1ヶ月やって効果がでないと、あっこれも中高の英語と一緒で駄目な教材なのだな。なんて諦める人が後を絶ちません。

確かに英語学習メソッドは多彩でそれぞれ長所・短所があります。ただ、それらの多くは一般的な日本人には適しません。一般的な日本人とは、帰国子女や留学帰りではない方、英語の基礎がきちんとできていない方です。
実は、このような一般的な日本人がやるべき英語学習には、多くの選択肢はありません。英語学習の基本に戻ることです。


解決策

英語学習の基本とは、これまでの症状でも述べてきたように、音読と文法を基本とした英作を繰り返し行うことです。トレーニングの仕方をきちんと理解し、良著さえ選べば、これだけで文法力、読解力、リスニング力、スピーキング力が上達します。(詳しくは当英語教室の英語勉強方法をご覧下さい。)
これは、かつてはシュリーマンが、また日本では著名な英語学習の達人の方達が仰っているように、その効果は証明されているトレーニング方法です。(実は中高の教材は良著です。ただトレーニングの仕方が良くないだけ)

ただしこれもすぐに効果がでるわけではありません。英語を 含め言語学習は、ある時突然効果がでるというものではありません。効果が表立って出てこない潜伏期間に諦めてしまう方が多い。もし1人で続ける自信がなけ れば、ぜひトレーニングパートナーを付けてみましょう。クラスや同僚の仲間でもいいですし、彼氏・彼女でもいいです。この教材をすべて終えれば、海外旅行 に行こう!なんて目標を立ててやってみて下さい。
(当英語教室が実際に使っている英語教材もご覧下さい。)