TOEIC対策コース | オンライン英会話・英語塾

TOEICコース

TOEICは暗記やテクニックではハイスコアは期待できません。
早く正確に英語を聞き・読む力、つまり「英語脳」が求められます。

当校のRLCトレーニングにより、英語を文頭から素早く的確に理解する力を身につけます。同時に、TOEICに必要な語彙力はGCCトレーニングで鍛えます。

TOEIC L&Rで高得点を狙うには、インプット系だけでなく、アウトプット系も同時に鍛えることが重要です

TOEIC L&Rは、リスニングとリーディング能力、つまりインプット系の能力を測るテストです。しかし、WiLLiesメソッドでも説明しているとおり英語4技能は全てが関係しており、インプットだけを鍛えてもある時点で英語力は伸び悩みます。TOEICは問題自体の難易度はそれほど高くはありませんが、圧倒的な量を素早く正確に処理する力が求められます。それにはWiLLiesが大切にしている「英語脳」の確立が重要になってきます。急がば回れで、インプットとアウトプットを同時に鍛えるトレーニングで、「英語脳」を作り上げましょう。

WiLLies Englishは、
こんな方におすすめです

  • TOEIC初心者でどこから、どうやって学習していいのか分からない
  • TOEIC教材を学習しているが、なかなかスコアが伸びない
  • TOEIC テストで時間がいつも足りない
  • リーディングパートでは、何度も英文を読み返してしまう
  • 800点、900点の壁がなかなか越えられない

REASONWiLLies Englishが選ばれ続ける理由

  • 英語を素早く・正確に理解するための「英語脳」を身につける(WiLLiesメソッド)

    TOEIC問題集を解くだけでは、800点, 900点のハイスコアは期待できません。大量の問題を素早く・正確に解いていくためには英語を英語のまま理解する力が求められます。当校のレッスンで行うRLC/ GCCトレーニングで英語脳を構築します

  • TOEICスコアアップに最適な教材でレッスン

    当校のレッスンでは、インプットとアウトプットを同時に鍛えるトレーニングを行います。その際に利用する教材は、 “でる単特急金のフレーズ”など、 TOEICスコアアップに最適なものを厳選して使います。ただ、単に暗記してもハイスコアは望めません。当校のGCCトレーニングで使える知識にしていきます

  • 担任講師とアウトプット能力も同時に鍛えるから本物の英語力が身に付く

    TOEIC L&Rはインプット系の能力を測るテストです。しかし、インプット系の学習だけしていても、早晩スコアの伸び悩みを経験するはずです。急がば回れで“話す”“書く”といったアウトプット系のトレーニングも同時に積むことで知識の定着と、英語脳の確立が可能になります。

POINTTOEIC L&R の概要とポイント

1.TOEICの概要と種類

TOEICはアメリカETSが開発しているテストで、日本ではIIBCが運営・提供しています。ETSはTOEICのほか、米国留学では必須のTOEFLやGREの開発元でも有名です。
IIBCによると、2020年度の日本でのTOEIC受験者数はコロナの影響もあり、Listening & Reading Testが約153万、Speaking & Writing が2.8万人と、2019年度の合計約241万人から減少していますが、引き続き、企業の昇進・昇格要件、社員採用などに利用されています。

一口にTOEICといっても、以下のように5つの種類があります。

TOEIC Tests TOEIC Bridge Tests
TOEIC L&RListening&Reading TOEIC S&WSpeaking & Writing TOEICSpeaking TOEIC Bridge L&RListening & Reading TOEIC Bridge S&WSpeaking & Writing

この中で、Bridge Testとは初級・中級者向けのテストで、一般的にTOEICというと左の「TOEIC Tests」を指します。近年TOEICの中でも S&WやSpeakingが注目されて来ていますが、受講者数の9割以上を占める「TOEIC L&R」が最も有名です。

TOEICは年10回(1・3・4・5・6・7・9・10・11・12月)全国約80都市で実施され、受験料は6,490円となっています。受験の申し込みは、インターネット、コンビニの端末でも可能です。

2.TOEIC 取得のメリットとスコアの目安

IIBCのホームページには、TOEICは「オフィスや日常生活における英語によるコミュニケーション能力を幅広く測定」とありますが、その用途は就職や転職活動、社内昇格要件をクリアするために受験されています。例えば転職エージェントのen worldでは、採用や昇進の際に求められるTOEICスコアとして以下を公表しています。

600点以上 採用:出光興産、ニトリHD、大正製薬・・
昇進:日本IBM(課長)、トヨタ自動車(係長)、楽天(一般職)・・
700~730点以上 採用:ファーストリテイリング、ソフトバンク、武田薬品・・
昇進:伊藤忠商事(入社4年目)、日本IBM(次長)、楽天(課長)・・
800点以上 採用:韓国LG、韓国ヒュンダイ、野村不動産・・
昇進:日立製作所(経営幹部)、サイバーエージェント(海外部門)・・
860点以上 採用:韓国サムスン、野村ホールディングス(グローバル社員)・・

日本企業の国際化も待ったなしの状況を考えると日本企業も韓国企業なみの基準を設けてくることは十分考えられます。

なお、TOEICと他の英語試験との比較ですが、例えば、日本で最も受験者数が多い英検は4技能を測る試験であり、一方TOEIC L&Rはインプット系(リスニングとリーディング)のみの試験なので単純な比較は難しいですが、文部科学省HPなどから、以下が目安となります
・TOEIC450~490=英検準2級
・TOEIC550~600 =英検2級
・TOEIC740~820 =準1級
・TOEIC870~970 = 1級以上

3.TOEICの構成と対策

TOEICは合計10〜990点の5点刻みでスコアリングされます。テストはリスニング・セクションとリーディング・セクションの2つで合計120分で200間が出題されます。
リスニングは問題の種類により4つのパートに、リーディングは3つのパートに分かれています。

TOEIC L&R
リスニングセクション 100問 (45分) リスニングセクション 100問 (75分)
Part1:(6問)
写真描写
Part2:(25問)
応答
Part3:(39問)
会話
Part4:(30問)
説明文
Part5:(30問)
短文穴埋め
Part6:(16問)
長文穴埋め
Part7:(54問)
読解

リスニング

リスニング・セクションは45分間で、Part 1〜4までで合計100問です。音声は1回しかながれません。

Part1:写真描写問題 (6問)

問題用紙に写真が載っており、その写真を説明する音声が4つ流れます。写真を正しく説明しているものを選ぶという問題です。
☆音声を聞く前に写真をきちんと確認し、おおよその内容を想像しておくことが重要です。

Part2:応答問題 (25問)

最初に発言 / 質問の音声が流れ、それに対応する応答が3つ流れます。冒頭の発言 / 質問に対する応答として正しいものを選ぶという問題です。
☆ 音声は一度きりです。ふと集中力が切れてしまうとアウトです。聞き逃してしまったら、すぐに次の問題に集中することが重要です。

Part3:会話問題 (39問)

まず複数人による会話が流れた後、その内容に関する質問が流れます。その質問に対する正しい選択肢を選ぶという問題です。選択肢は問題用紙に印刷されています。1つの会話について3つの問題が出題されます。合計13の会話が流れます。
☆ Part3では選択肢が印刷されています。問題を解いたらすぐに次の問題の選択肢に目を通しておくことが重要です。

Part4:説明文問題 (30問)

ナレーションのような説明文が流れた後、その内容に関する質問が流れます。その質問に対する正しい選択肢を選ぶという問題です。質問と選択肢は問題用紙に印刷されています。 1つの説明文について3つの問題が出題されます。合計10の説明文が流れます。
☆ 音声が流れる前に少なくとも質問には目を通しておきましょう。どういうポイントで説明文を聞けばいいのか理解しているだけで正答率は格段に上がります。

リーディング

リーディング・セクションは75分間で、Part 5〜7までで合計100問です。TOEIC初~中級者は75分で全ての問題をこなすことは容易ではありません。そのため時間配分がとても重要になります。

Part5:短文穴埋め問題 (30問)

1つのセンテンスに空欄があります。その空欄に入る正しい語句を選択肢から選ぶという問題です。問題のタイプは大きく2つで、一つは品詞を問う文法問題と、もう一つは意味を問う問題になります。
☆ 特に文法問題/ 意味問題については、長く考えたからといって正しい選択肢が選べるものではありません。他のパートに時間を残しておくためにも素早く解いていくことが大切です。Part5の目標時間は10分程度です。日頃から英語を文頭から一発で理解できるような練習をしていくことが重要になります。

Part6:長文穴埋め問題 (16問)

文章に複数の空欄があります。その空欄に入る正しい語句を選択肢から選ぶという問題です。一つの文章から4つの問題が出題されます。合計4つの文章があります。問題の種類はPart5と同じです。
☆ 焦って意味が頭に入ってこず何度も読み返してしまうことは避けなければいけません。意味を問う問題もあるので、空欄の前後だけでは判断がつかないものも多くあります。そのため文頭から素早く一発で読み進めていくことが重要です。 Part6の目標時間は10分以内です。

Part7:読解問題 (54問)

文章を読んで、その内容に関する質問に答えるという問題です。文章は記事やメールといったものも多くあります。シンプルなものから語彙数の多い文章まであり、複数の文章がセットになっています。合計で15程度の文章セットが出題されます。
☆ 文章を読み進める前に設問に目を通しましょう。設問を意識しつつ、スピードリーディングしていきます。

FEATURETOEICコースの特徴

従来と同じ対策では太刀打ちできなくなっています。
本物の英語力が試されています。

FEATURE-1

1. WiLLiesメソッドでリスニングは満点を目指します

TOEICではリスニングが得点源です。ここで満点を目指します。大学受験の経験からリスニングを苦手にしている方も多いようですが、心配はいりません。単に音声を繰返し聞いてもなかなかリスニング力は身につきませんが、正しいトレーニングを積めば必ず力がつきます。リスニングには「音声認識力」と「意味理解力」という2つの力を身につける必要があります。WiLLies Englishのレッスンでは、この2つを効果的に鍛えていきます。(WiLLies Englishのメソッドについて詳しくはこちら

FEATURE-2

2. 英語を英語のまま理解する英語脳を構築します

TOEIC受験で一番の悩みが時間が足りないということです。これはリーディング・セクションだとスピードリーディングができない、何度も同じ文章を読み返してしまい時間がなくなってしまう。リスニングでは、流れてくる音声をいちいち日本語に変換しているためスピードについていけないという現象です。これを解決するには英語を英語のまま理解するために必要な“英語脳”が必要になります。そして英語脳は圧倒的な量の音読から生まれます。WiLLies Englishのレッスンで実践するRLCトレーニングと、毎回の宿題となる音読トレーニングにより英語脳を身につけます。結果としてリーディング・セクションに必要な語彙力、読解力が身につきます。

FEATURE-3

3. アウトプットも大切にするから知識が定着します

TOEIC L&Rはインプット系の能力を測るテストです。ただインプット学習だけやっても応用力、さらには英語脳を身につけることはできません。アウトプットも同時に鍛えないと早晩伸び悩みます。解答テクニックならWILLies Englishはお勧めしません。TOEICを通じてインプットもアウトプットも両方鍛え、本物の英語力を身につけたい方はぜひ受講ください。

FEATURE-4

4. TOEICで定評のある教材を何度も繰返しやります

本屋さんにはTOEICに特化した素晴らしい教材がたくさんあります。その中でも厳選した教材をレッスンで利用します。教材は1回解いたら終わりではありません。WiLLIes Englishでは例えばリスニング・セクションの音声スクリプトやPart7の読解問題を使い音読やシャドーイングを何度も繰返します。またPart5,6の文法問題は口頭英作文という形でトレーニングを行います。もちろん限られたレッスンだけでは学習は足りませんので、音読という形で宿題を出させていただきます。毎日30分は音読の時間をとっていただきます。

FEATURE-5

5. 担任講師が学習を支えてくれます

毎週のレッスンと毎日30分の音読で必ず素晴らしい結果を勝ち取ることができます。WiLLies Englishで成果を出されている生徒の皆さんは、この毎日の音読が日課となり楽しんでおられます。そしてレッスンは日頃の音読の成果を発揮する場として利用されています。毎日30分と聞くとすこしハードルが高いように思えるかもしれませんが、日課になってしまえばなんということはありません。そのために皆さんに担任講師がつきご支援させていただきます。

『ENGLISH JOURNAL』に取材いただきました

皆さんご存知の『ENGLISH JOURNAL』で有名な英語出版社アルクさんに当校のレッスンを取材いただきました。実際に体験レッスンを受講いただき、当校のメソッドや担任制について解説いただきましたので、ぜひご確認ください。

詳しく見る

山口県桜ケ丘高等学校の皆さんからフィードバックをいただきました

当校のマンツーマンオンライン英会話を通じて 「音読」「シャドウイング」「ディスカッション」の他、英検面接対策も行っていただきました。WiLLies Englishの特徴である担任制、音読トレや宿題をきちんとやるスタイルで英語4技能習得を支援させていただいています。

詳しく見る

山口県桜ケ丘高等学校(特進コース・晃英館コース)

インタビューに協力してくれた高校1年生の皆さん
川村さん(左奥)、池永さん(左前)、今田さん(右奥)、石丸さん(右中)、杉山さん(右前)

学校紹介

山口県桜ケ丘高等学校は、昭和15年創立の歴史ある学校です。また平成17年に設立された晃英館コースは山口県周南市唯一の中高一貫校で東京大学をはじめ、国立・私立難関大学への合格者を輩出しています。教育目標の一つに「高度な英語のコミュニケーション能力を身につけ、国際社会に貢献できる人材の育成」を掲げ、英語4技能の習得を実践しています。

WiLLies Englishを選んだ理由

オンライン英会話では珍しい担任制で、生徒のモチベーションが維持できる楽しいだけでなく、音読トレや英検面接トレ、宿題も毎回でて4技能習得に効果がある担任講師だけでなく、WiLLiesの運営スタッフも相談にのってくれ、きめ細かな対応をしてくれる

WiLLies Englishレッスンプラン

山口県桜ケ丘高等学校特進コースは毎週、晃英館コースは隔週でマンツーマンの英会話レッスンを実施学校で使用している英語教材の他、ネット上の記事を教材化して「音読」「シャドーイング」「単語テスト」「ディスカッション」を行っているまた英検の時期になると面接対策を行っている実際の授業の風景(山口県桜ケ丘高等学校HPでも紹介頂いています):http://y-sakuragaoka.ed.jp/news/pg490.html

1.レッスンを受けてなにか変わってきたことは?

・始めた頃は言いたいことが言えず先生に任せっきりだったけれど、 2学期に入って言いたいことを言えるようになったと感じます。例えば授業であったことを話したり、フィリピンのことを質問したりできるようになりました
(池永さん)

・1対1でレッスンをすることで リスニング力が向上したと感じています。ただ、まだまだ自分の言いたいことが言えないので、そこが今後の目標です。
(川村さん)

・最初は聞き取れないことが多かったけれど、 最近はリスニング力が向上したのか、聞き取れるようになってきました。
やはり外国人の先生と直接話しをすると楽しいし、単なる聞き取り練習とは違いますね。また担任の先生と会話したいと 思うので毎回きちんと予習しています。(杉山さん)

・2学期に入って自分の意見を言えるようになってきました。最初は言いたいことが言えなかったけれど、単語力もついてきて先生と会話ができるようになってきました。(石丸さん)

・最初はスカイプを使ったレッスンに少し抵抗を感じていたんですけど、 最近では伝わるかどうかは気にせず自分の意見を言うようになってきました。(今田さん)

2.どんな点が楽しいですか?

・ 自分の意見が伝わると、とても嬉しい気持ちになります。(池永さん)

・共通の話題で先生と意見が合うと楽しいです。最近教材でK-popが取り上げられて、 先生とその話題で盛り上がりました。(川村さん)

・ 週末にあったことをお話するのがとても楽しいです。フィリピンのことを聞くのも楽しいです。最近台風の話で似てることや違うことなどあって、驚くこともあります。中3の時にオーストラリアに英語研修に行ったんですが、その前にオンライン英会話をしておきたかったです。(杉山さん)

・ 今週末何するの?といったおしゃべりは楽しいです。(石丸さん)

・ 英語で自分の意思が相手に伝わったときには達成感がありますね。僕はすぐに教材にはいってそこからお話をしています。(今田さん)

3.今後どのようなチャレンジをしていきたいですか?

・ 外国人の先生と1対1で毎週話すという機会はとても貴重で、この学校でそれができるようになりました。将来外国人の方と働くようになったら、物怖じせず、自分から積極的に話せるようになっていきたいです。(池永さん)

・先生から話しかけてもらうことが多いですが、本当はもっと自分から話しかけられるようになりたいです。(川村さん)

・発音を直していきたいのと、 相手に聞き返されずに話ができるようになりたいです。もう一回、外国に行きたいな。(杉山さん)

・意見を聞かれて答えるだけでなく、 会話を発展させていけるようになりたいです。(石丸さん)

・最終的には、僕の方からどんどん先生に質問していけるようになりたいです。社会人になったらすぐに海外へ出て活躍したいです。(今田さん)

実際のレッスン風景を動画で見る

英語出版社アルクさんに取材いただいた実際のレッスンの様子をご覧いただけます

TEXTBOOK教材のご紹介

TOEIC600を目指す方

当校ではTOEIC受験のためのテクニックを講義することはしませんが、TOEIC教材を使って、揺るぎない英語の土台を築きつつ、TOEICスコアもきちんとアップさせるためのトレーニングを行います。
TOEIC600を目指すかたには全パートを網羅し、TOEICの解説もきちんとしてくれる「はじめて受けるTOEIC(R) L&R テスト全パート完全攻略」をお薦めしています。また特に文法強化を行い方は「TOEIC L&Rテスト 文法問題でる1000問」もおすすめです。その他、語彙力強化に「TOEIC L&R TEST 出る単特急銀/金のフレーズ」を使ったレッスンもございます。

TOEIC700~800後半を目指す方

TOEIC700~800台後半を目指している方には各パートごとにおすすめの教材を源泉したレッスンをご提供しています。
リスニング・セクション(Part1~4)対策には「1駅1題 TOEIC L&R TEST サラリーマン特急新形式リスニング」がお勧めです。文法(Part5,6)対策には「1駅1題 TOEIC L&R TEST 文法特急 」を、語彙力強化・リーディング対策には「TOEIC L&R TEST 出る単特急金のセンテンス」「1駅1題 TOEIC L&R TEST 読解特急」を使ったレッスンをご提供しています。

TOEIC900台を目指す方

TOEIC900台後半を目指している方には、Part5,6対策として「TOEIC L&R TEST 900点特急パート5&6」を、リスニング・語彙力強化用に「速読速聴・英単語 TOEIC TEST Global 900 ver.2 」 「TOEIC L&R TEST 出る単特急金のセンテンス」を使ったレッスンをご提供しています。

FLOWレッスンの流れ

1分挨拶・アイスブレイク

5分前回の復習+単語テスト

  • 宿題の単語プリントの中から、講師が単語テストを行います。
  • 単語プリントは、それぞれセンテンスで覚えられるよう、またリスニングのトレーニングにもなるように音声もついています(リンク参照)
  • また単語プリントは英検レベルに応じて提供しています

20分GCCトレーニング

  • GCCの宿題範囲を対象に、講師が日本語を表示するので、それを口頭で英作文してもらいます
  • 教材のセンテンスをすこし変更し応用問題にもチャレンジしてもらいます
  • 教材は中学生前半は基礎文法教材を、後半から高校受験、また高校生は大学受験向けの文法問題集を使います。
  • ただし、問題集にあるならべかえ問題や空所補充問題をやるのではなくこれら文法上重要な文章をフルセンテンスで口頭英作文していきます

20分RLCトレーニング

  • RLCの宿題範囲を対象に、講師と音読、リピーティング、シャドーイングのトレーニングをします
  • 最後に対象の文章について、講師がサマリーの指示や、内容についての質問をするので英語で解答してもらいます
  • 解答した内容は、講師が添削しよりよい言い回しを習います
  • 教材はレベルにあった教材を使います。中学生前半は学校の教科書レベルのものからスタートし、だんだんと難易度を高めていきます。
    中学生後半、高校生になると「速読速聴シリーズ」を使い、読解で必要な単語力も効率的に身につけながら音読・シャドーイングトレーニングを行います

3分レッスンのまとめ

1分宿題の確認+単語プリントの配布

※上記はあくまで基本的な流れになります。
担任制ですので、ご要望に応じてカスタマイズさせていただきます。
例えば、単語テストを多くしたり、GCCを割愛してRLCを長めにしたりと多くのご要望に対応しています。

おすすめの英語「音読」の方法はこちら

LESSON PLANレッスンプラン・料金表

レッスンプランは下記の2つからお選びいただけます

おすすめ

レッスン予約不要でお気に入りの講師から学ぶ「担任制」

例えば、毎週○曜日の○時から、○○講師のレッスンという形でレッスンスケジュールを固定で確保します。そのためお気に入りの講師を毎回予約する必要はありません。WiLLies Englishでは部活や習い事などをされている方もとても多いです。部活や習い事が終わった後、お休みの日などに担任制レッスンをご検討ください。
※レッスンキャンセル、振替レッスンの予約や、スケジュール・講師の変更も行えます。まずは担任制で英語学習が習慣化したら、自由予約制に変更も可能です。

毎回自由な時間に予約可能な「自由予約制」

「お気に入りの講師が見つかるまで」「どうしても固定でスケジュールを組めない」といったお客様にお選びいただいております。お気に入りの講師が見つかったら、学習習慣が身につくまでは担任制へ変更することをおすすめしております。

1回 50分レッスン料金表-25分レッスン換算387円から!

週1回
(担任制 or 自由予約制)
月々4,800円
(税込:5,280円)
週2回
(担任制 or 自由予約制)
月々8,760円
(税込:9,636円)
週3回
(担任制 or 自由予約制)
月々12,600円
(税込:13,860円)
週4回
(担任制 or 自由予約制)
月々16,800円
(税込:18,480円)
週5回
(担任制 or 自由予約制)
月々21,000円
(税込:23,100円)

1回 25分レッスン料金表

週1回
(担任制 or 自由予約制)
月々2,880円
(税込:3,168円)
週2回
(担任制 or 自由予約制)
月々5,280円
(税込:5,808円)
週3回
(担任制 or 自由予約制)
月々7,560円
(税込:8,316円)
週4回
(担任制 or 自由予約制)
月々9,840円
(税込:10,824円)
週5回
(担任制 or 自由予約制)
月々11,760円
(税込:12,936円)

※ プランはご入会時、ご入会後もマイページからいつでも変更いただけます。まずは体験時にいづれかを選択下さい
※ 高校生コースは、GCC/ RLCトレーニングを20分ずつ行うので50分レッスンがお薦めです
(25分レッスンの場合は、GCC/ RLCトレーニングを交互に行います)

どんな生徒が学んでいるの?

TOEICコースには、就職活動中の大学生から、社内昇格審査に向け準備されている社会人の方、法人契約の生徒様が中心に学ばれています。また、TOEICの内容がビジネスコミュニケーションにフォーカスしていることから、TOEICの受講予定はないけれどもビジネス英会話前半を向上させたいという方々も多く受講されています。

具体的には・・・

  • TOEIC受験を考えているけど何をしていいか分からない
  • TOEIC関連の書籍が多く、何から手をつけていいか分からない
  • TOEIC800 / 900の壁がなかなか越えられない
  • リスニング・セクションで満点を目指したい
  • リーディング・セクションで時間内に全問解けるようになりたい
  • TOEIC対策を通じて、実践でも役にたつトレーニングを受けたい