映画で学ぶ「SCREEN PLAY」を採用!

ウィリーズでは英作文と音読トレーニングを中心に、「読む・書く・聴く・話す」の4技能を強化していきますが、長年 映画のセリフを使い英語学習を支えてきた“SCREEN PLAY”の協力を得て当校のレッスンでも映画教材を使うことができるようになりました!
英語学習は長丁場。 「映画スターが英語の先生!」楽しんでレッスンを行うことができます。 レッスンではSCREEN PLAYのセリフを使って音読トレーニング(RLC)を中心に重要センテンスの英作文や単語の小テスト、ディスカッションなども行います。特にリスニング力、スピーキング力強化に圧倒的な効果が期待できます


<ご利用方法>

  1. 現在以下の映画を導入しています。リストからお好きな映画を選択いただき、教材のご注文をお願いします(今後更にリストを拡大していきます)
  2. 教材がお手元に届いたら早速レッスンで使ってみましょう
    レッスンがスタートしたら、先生に通常教材ではなく、「Movie Script Textbook」を利用することをお伝えください。
    「I want to use Movie Script Textbook, “1.Home Alone, Day 1”.」のように、どの映画のどの教材を使いたいか、お伝えください。
  3. レッスンではSCREEN PLAYのセリフを使ってリピーティング(RLC)のトレーニングを行います。また重要センテンスの英作文や単語の小テスト、ディスカッションなども行います。

”映画”は英語上達のためのヒントがたくさんある、かつ楽しい教材です。
皆さんもよくご存知の映画のスクリプトを、レッスンのRLC(音読パート)で使えるように教材化しました。通常のRLCレッスンのように先生と音読、シャドーイングの練習をして下さい。


(R-M-1) プラダを着た悪魔(The Devil Wears PRADA)
レベル:中級
(SCREENPLAY抜粋)スクリーンプレイ・シリーズ人気No.1!
ジャーナリストを目指してNYにやってきたアンディをアン・ハサウェイ、一流ファッション誌『ランウェイ』のカリスマ編集長ミランダをメリル・ストリープが演じています!
ビジネスの現場で使われる言い回しや、ファッション業界の最先端で働く人々の会話を聞くことができます。
英語について
語彙、文法、発音のいずれに関してもほぼスタンダードな英語といってよい。ビジネスの現場で使われる言い回しや、ファッション業界の最先端で働く人々の会話を聞くことができる。また、ミランダの「対話」というスタイルからかけ離れた英語、エミリーのイギリス英語、カメオ出演している大物デザイナーのイタリア訛りの英語、フランス語混じりの英語などには、登場人物の特徴が表れている。
(R-M-2) パパが遺した物語(Fathers & Daughters)
レベル:中級
(SCREENPLAY抜粋)『グラディエーター』でアカデミー賞受賞のラッセル・クロウと『レ・ミゼラブル』で共演したアマンダ・セイフライドが父娘役!
ニューヨークを舞台に孤独なヒロインの苦悩と父との絆を描いたヒューマンドラマ。
「生と死、喪失感、愛、愛する人を失うことへの恐怖感、これらがこの映画の根底にある」と、監督のガブリエレ・ムッチーノは言う。ピューリッツァー賞の受賞作家ジェイク・デイヴィスは、自らの交通事故で妻を亡くす。その事故の後遺症と戦いながら、8歳の娘ケイティの育児と次作執筆活動の両立に苦労を重ねる。
(R-M-3) スクール・オブ・ロック(School of Rock)
レベル:初級
(SCREENPLAY抜粋)ロックをこよなく愛するデューイは、過激すぎるパフォーマンスのせいで自ら結成したバンドを追い出され、さらにルームメイトのネッドからは滞納していた家賃の催促。そんな途方に暮れているところへ1本の電話が。デューイは代用教員をしていたネッドになりすまし、名門私立小学校の5年生の担任となる。最初は教える気なんてさらさら無かったデューイだが、子供達の音楽の才能を発見し、あるプロジェクトを思いつく。かくして”熱血ロックの授業”が始まった・・・。
音楽をベースにしたジョークや会話が多く出てくる。物語は子供や学校を中心に展開していくため、内容はそれほど難解なものではなく、聞き取りも容易である。登場人物が使う語彙も普段使われる日常的なものばかりなので英語初級者でも気軽に取り組めるだろう。この作品ならではのリズミカルな言い回し、時に大げさな表現も、コミュニケーションの幅を広げるにはうってつけである。ロックのリズムに合わせて英語を使ってみよう。
  • SCREEN PLAYの教材(書籍)ご注文はこちら音声も上記で購入することが可能です。音声は映像付きのビデオで!という方は以下から購入下さい。音声よりもオジリナルビデオの方が記憶として残りやすいです
  • ビデオ購入ご希望の場合は、iTunesストア (The Devil Wears PRADA)や、Amazon (The Devil Wears PRADA)から購入できます
    スマホで学習をされる場合は、iTunesストアがおすすめです。SD画質で1000円で購入できます(HD画質は若干高めです。スマホの場合はSD画質で十分なクオリティです)
(R-M-4) ショーシャンクの空に(The Shawshank Redemtion)
レベル:上級
(SCREENPLAY抜粋)映画レビューサイトRotten Tomatoes、映画のデータベースIMDbの情報を元にした5000 Best Movies 第1位!!映画化多数の作家スティーヴン・キングの小説です。無実の罪で収監され、堪え難い過酷な刑務所内で生きながらえる主人公。そんな状況でも育まれる友情、希望の言葉が心に残る見応えある作品です。
刑務所という特殊な空間で話される英語は、大変興味深いものがあります。非標準的な用法や卑語・俗語を連発する粗野な囚人・看守の英語と、主人公アンディーの教養のある英語との対比から学べることが多い映画です。ぜひアンディーの英語を味わい、そして囚人たちのセリフにある文法的な誤りを探してみてください。非標準的な用法や、省略がみられるセリフには随時「正しく言うには…?」と解説を加えているので、自身の英語の習熟度を試せます!このコラムでは、主要なキャラクター3人をピックアップし、注目ポイントを解説しています。
(R-M-5) 食べて、祈って、恋をして(Eat, Pray, Love)
レベル:上級
(SCREENPLAY抜粋)「エリン・ブロコビッチ」でアカデミー主演女優賞受賞、ジュリア・ロバーツ主演原作は全世界で700万部を突破したベストセラー。『食べて、祈って、恋をして』は、2010年公開のアメリカ映画。主人公のリズは離婚、失恋で傷つき、1年間自分探しの旅に出かける。イタリアでパスタを楽しみ(Eat)、インドで瞑想や祈り(Pray)、そして最後の目的地バリで恋に落ちる(Love)。タイトルはこの流れとなっているのである。
主人公のリズはニューヨーク在住の作家で、彼女のユーモアのセンスは映画全編を通して光っている。人生の大ピンチにあっても自身の口癖を皮肉ったり、ボーイフレンドと別れイタリア語を学ぶために向かったローマでも、リズ流のユーモアで友人たちとのお洒落な会話がはずむ。また運命の人フェリペとのユーモアのバトルを楽しみながら、ウィットに富んだせりふを学べる。
(R-M-6) ニュースの真相(Truth)
レベル:上級
(SCREENPLAY抜粋)実力派オスカー俳優が豪華共演!実話ならではの緊迫感!
映画と英語に向き合い続けて30年、スクリーンプレイが自信を持ってお届けする「名作発掘」ともいうべき作品。「21世紀最大のメディア不祥事」とも称される、米国最大のネットワークを誇る放送局CBSが渦中となった実際の事件を、当事者であるメアリー・メイプスの回顧録を元に映画化。オスカー俳優の2人(ケイト・ブランシェット、ロバート・レッドフォード)が演じた主人公たちの深い絆に涙し、ジャーナリストとしての矜持を貫く彼らの姿に胸打たれる傑作です!
二年ごとに大統領選、中間選挙が行われるアメリカ。あなたは大統領選の仕組みを説明できますか?大統領の軍歴が、勝敗を左右しうることを知っていましたか?本書では、深く切り込んだ分析コラムや本編の解説を通じ、この事件の全貌を解き明かすとともに、実際のアメリカの姿をあぶりだします。