今、大学受験・高校受験が大きく変化しています
〜「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能対策が必須に〜

  • 大学入試では英語の難易度が
    格段に上がってます

    • 大学入学共通テストでは、リスニング配点が全体50%に、その難易度も格段に高まる
    • 全体の単語数は2割程度増え、速読力がないと最後まで解けません
    • 英検などの民間資格試験が入試に活用されます。準1級レベルが求められています
  • 高校入試でもスピーキング導入が
    始まっています

    • 高校入試でも英検などの民間資格試験結果が活用されています
    • スピーキングテスト導入が始まっています
    • 授業を英語で行うことを基本とし「聞く」「話す」学習が大幅に増えます
  • 小中学校で中学1年レベルを
    履修することに

    • 小学3年生から英語が必須化し、小学5年生から英語が正式教科へ
    • 小学高学年からは4技能強化が本格化します
    • 中学1年で習っていた疑問詞・代名詞・動名詞などの習得が求められます

~ 2021年度 大学共通テスト傾向と対策 ~

【リーディング 問題傾向】

  • これまで毎年出題されていた発音・アクセント問題や文法問題、整序英作文問題などが全廃された
  • 代わってリーディング問題の語彙数は約5500語となり昨年よりも30%近く増えた
  • 文章の難易度自体は前年から変わらず。ただ多くの問題に図表やグラフなどが付随し、英語を読みながら情報を素早く整理する能力が求められるようになった
  • これまで穴埋め式の文法テクニックを得意としてきた学生には得点源がなくなる難しい試験になったが、日頃から英語を素早く読み、情報を整理するトレーニングを積んでいる生徒にとっては歓迎される傾向にある

【リーディング対策】

  • 多読・速読のトレーニングが重要になっています。具体的には、頭の中で日本語に訳す作業をせず、センテンスの文頭から理解していくトレーニングが重要になります。一つの文章を最低50回音読することをおすすめします。音読は黙読と違い英語を文頭から理解する力を養ってくれます。また、音読する際に主語や述語など文型を意識して音読することをお勧めします。
  • また当校のレッスンでは講師と一緒にリピーティングやシャドウイングもやりましょう。これにより更に英語を読み・理解し・情報を整理するスピードが増していきます

【リスニング 問題傾向】

  • リスニングの配点が全体の5割を占め重要性は格段に増した
  • リスニング問題数も増え、全体の読み上げ語数は約1500語となり昨年よりも35%近く増えた
  • これまでは全問2回読み上げていたが、第1・2問のみ2回読みで、残りの第3〜6問は1回読みになったため一度で確実に理解するだけでなく、リスニング前に選択肢を読み勘を働かせるというテクニックも難しくなった
  • 設問も英語を聞き取りながらグラフや表などを理解することが求められるなど難易度も高くなっている

【リスニング対策】

  • 漠然と英語を聞き流すだけではリスニング力は身につきません。リスニング力強化には「①単語の意味がわかる >②基礎文法が理解できる
    >③言える・発音できる >④英語を英語のまま理解できる
    」というトレーニングがかかせません。
  • この黄金サイクルを最も効率的に行うのが「口頭英作文」と「音読トレーニング」です。口頭英作文で“語彙力”や“文法力”を養い、リピーティングやシャドウイングで“言える・発音できる”+“英語を英語のまま理解”する力を養います。
  • リーディング対策でも述べましたが、実は英語4技能強化はすべて繋がっています。それぞれ個別に対策するのではなく、徹底的にこの2つのトレーニングをやりましょう。
  • この2つのトレーニングを徹底してやっておけば、あとは個別試験の傾向を理解し慣れるだけで英語は十分得点源になっていきます。
  • 当校の生徒からの報告では、リスニングに関し対策なしにほぼ8~9割解答できたとのことです。シンプルなトレーニングですが、これを信じて徹底・継続しましょう。

従来の試験対策では太刀打ちできません
本物の英語力が求められます

新大学受験・高校受験も英検も

新大学受験・高校受験も英検も

 

英検をペースメーカーに新大学受験・高校受験に対応した
オンライン英会話です

大学受験・高校受験における英語の重要性、またその難易度は近年どんどん高まってきています。これまでの受験対策英語では歯が立たない本物の英語力が問われる試験になってきていると言っても過言ではありません。WiLLies
Englishはオンライン英会話スクールですが、新受験方式や英検にも定評のある教材を使い4技能強化で実績を残してきました。通常は受験に向けた中学・高校コース教材を、英検前には英検対策教材を使ったレッスンをご提供させていただきます。

4技能を確実にアップさせるレッスンメソッド

4技能を確実にアップさせるレッスンメソッド

 

音読と口頭英作文で本物の英語力が身につきます

大学受験では穴埋め問題や並べ替え問題の比重が減り、長文やリスニングの割合が増え、またその難易度も上がっています。さらに今後はスピーキングテストも標準化されていきます。小手先のテクニックや暗記では歯が立たなくなっています。そのような中、音読の効用が改めて見直されています。当校では同時通訳者トレーニングでも取り入れられているリピーティングやシャドウイングといった方法を用いることで4技能を確実に伸ばしていきます。その実績は当校の卒業生を見れば明らかです。まずはリスニングの力が身につき、英語を英語として理解する読解力・速読力、もちろんスピーキング力も身につきます

入試対策向けリスニング強化も用意

入試対策向けリスニング強化も用意

 

大学共通テストや高校入試のリスニングをレッスンで徹底対策

2021年1月の大学入学共通試験では、リスニングの配点が全体の半分になるだけでなく、大部分が「2回読み」から「1回読み」になりました。また内容もきちんと内容を理解しないと答えられないものが多く出題されています。リスニング力はただ英語を流し聞いているだけでは絶対に向上しません。当校ではリスニング強化に必要なディクテーションやリピーティングを担任講師と徹底的に行います。また大学入試、高校入試用のリスニング教材も用いトレーニングを繰り返します。リスニングが得点源になることは間違いありません。

近年特に重視されているリスニングスキルは、英語の聞き流し、漠然とリスニング問題を解くだけでは、いつまでたっても強化されません。

リスニング強化には黄金サイクルがあり、特に英文の特徴を捉えた 「③発音できる」ことと、日本語に訳さず 「④ 英語を英語のまま理解していく」トレーニングが不可欠です

この黄金サイクルを効率的に行うのが口頭英作文と音読トレーニングになります。さらにリスニングだけでなく、速読力やスピーキング力、ライティング力も同時に強化されます

英作文や単語力強化機能も充実

英作文や単語力強化機能も充実

 

英作文道場や単語力強化機能を使って
計画的に基礎力を養います

英検では3級から英作文が必須となり、その配点は一次試験の3分の1と大きな割合を占めます。また大学受験や高校受験でも英作文必須の学校も増えていますが、学校や塾でも対策が難しい分野の一つです。当校の“英作文道場”では、英検に即した問題を毎週定期的に出題し、担任講師が添削+サンプル回答を共有するサービスを提供しています。また語彙力強化は4技能全てにおいて必須になりますが、これも当校では毎週スマホに強化すべき単語を送付し学びます。英作文道場も英単語帳も担任講師と共有され、レッスンで確認テストも行えます

外国人講師による担任制・マンツーマンの英語レッスン

外国人講師による担任制・マンツーマンの英語レッスン

 

担任制だからコミットメントが違います

英語学習は長期戦。客観的に、でも情熱を持ってレッスンを提供する。そのためには担任制がとても重要です。 担任制だから、生徒一人一人の弱点、強化すべき学習内容、要望を理解した上でレッスンができます。前のレッスンで習ったことを理解した上で、次のレッスンを提供する。こんな当たり前を実現できるのは担任講師制だからです。特に中高生の卒業生の皆さんには3年間-
6年間同じ担任講師と英語を学び進路に大きな


実際のレッスン風景

レッスン⾵景

ビジネスで、大学・高校受験や
英検で目標達成者多数!

実践で使える英語、難関試験で実力を発揮するには、単に英会話を楽しむだけでなく、インプットを計画的に行う必要があります。
英作文トレと音読トレで知識を脳に刷り込んでいくレッスンをご提供しています。


英語出版社のアルクさんに当校のレッスンを取材いただきました!

英語出版社のアルクさんに当校のレッスンを取材いただきました!

皆さんご存知の『ENGLISH JOURNAL』で有名な英語出版社のアルクさんに当校のレッスンを取材いただきました! 体験レッスンも受講していただいたので雰囲気もよく伝わります。
ぜひこちらの記事をご一読ください

山口県桜ケ丘高等学校、晃英館の皆さんからフィードバックを頂きました!

山口県桜ケ丘高等学校、また同じキャンパスにある晃英館コースでは、ウィリーズ英語塾のマンツーマンオンライン英会話を通じて 「音読」「シャドウイング」「ディスカッション」の他、英検面接対策も行っています。
ウィリーズ英語塾の特徴である担任制、音読トレや宿題をきちんとやるスタイルで英語4技能習得を支援させていただいています。
生徒の皆さんからは特に リスニング力の向上、ディスカッション時の瞬発力の向上などについて効果を実感しているとの声を頂きましたのでご紹介します。

当校は高校や大手学習塾でもご利用頂いています

山口県桜ケ丘高等学校(特進コース・晃英館コース)

インタビューに協力してくれた高校1年生の皆さん
川村さん(左奥)、池永さん(左前)、今田さん(右奥)、石丸さん(右中)、杉山さん(右前)

-学校紹介-

山口県桜ケ丘高等学校は、昭和15年創立の歴史ある学校です。また平成17年に設立された晃英館コースは山口県周南市唯一の中高一貫校で東京大学をはじめ、国立・私立難関大学への合格者を輩出しています。
教育目標の一つに「高度な英語のコミュニケーション能力を身につけ、国際社会に貢献できる人材の育成」を掲げ、英語4技能の習得を実践しています。

-WiLLies Englishを選んだ理由-

  • オンライン英会話では珍しい担任制で、生徒のモチベーションが維持できる
  • 楽しいだけでなく、音読トレや英検面接トレ、宿題も毎回でて4技能習得に効果がある
  • 担任講師だけでなく、WiLLiesの運営スタッフも相談にのってくれ、きめ細かな対応をしてくれる

-WiLLies Englishレッスンプラン-

  • 山口県桜ケ丘高等学校特進コースは毎週、晃英館コースは隔週でマンツーマンの英会話レッスンを実施
  • 学校で使用している英語教材の他、ネット上の記事を教材化して「音読」「シャドーイング」「単語テスト」「ディスカッション」を行っている
  • また英検の時期になると面接対策を行っている
  • 実際の授業の風景(山口県桜ケ丘高等学校HPでも紹介頂いています):http://y-sakuragaoka.ed.jp/news/pg490.html

1.レッスンを受けてなにか変わってきたことは?

山口県桜ケ丘高等学校 画像2
・始めた頃は言いたいことが言えず先生に任せっきりだったけれど、 2学期に入って言いたいことを言えるようになったと感じます。例えば授業であったことを話したり、フィリピンのことを質問したりできるようになりました(池永さん)
・1対1でレッスンをすることで リスニング力が向上したと感じています。ただ、まだまだ自分の言いたいことが言えないので、そこが今後の目標です。(川村さん)
山口県桜ケ丘高等学校 画像3
・最初は聞き取れないことが多かったけれど、 最近はリスニング力が向上したのか、聞き取れるようになってきました。
やはり外国人の先生と直接話しをすると楽しいし、単なる聞き取り練習とは違いますね。また担任の先生と会話したいと 思うので毎回きちんと予習しています。(杉山さん)
2学期に入って自分の意見を言えるようになってきました。最初は言いたいことが言えなかったけれど、単語力もついてきて先生と会話ができるようになってきました。(石丸さん)
・最初はスカイプを使ったレッスンに少し抵抗を感じていたんですけど、 最近では伝わるかどうかは気にせず自分の意見を言うようになってきました。(今田さん)

2.どんな点が楽しいですか?

山口県桜ケ丘高等学校 画像4

自分の意見が伝わると、とても嬉しい気持ちになります。(池永さん)

・共通の話題で先生と意見が合うと楽しいです。
最近教材でK-popが取り上げられて、 先生とその話題で盛り上がりました。(川村さん)

週末にあったことをお話するのがとても楽しいです。フィリピンのことを聞くのも楽しいです。最近台風の話で似てることや違うことなどあって、驚くこともあります。中3の時にオーストラリアに英語研修に行ったんですが、その前にオンライン英会話をしておきたかったです。(杉山さん)

今週末何するの?といったおしゃべりは楽しいです。(石丸さん)

英語で自分の意思が相手に伝わったときには達成感がありますね。僕はすぐに教材にはいってそこからお話をしています。(今田さん)

山口県桜ケ丘高等学校 画像5

3.今後どのようなチャレンジをしていきたいですか?

山口県桜ケ丘高等学校 画像6

・ 外国人の先生と1対1で毎週話すという機会はとても貴重で、この学校でそれができるようになりました。
将来外国人の方と働くようになったら、物怖じせず、自分から積極的に話せるようになっていきたいです。(池永さん)

・先生から話しかけてもらうことが多いですが、本当はもっと自分から話しかけられるようになりたいです。(川村さん)

・発音を直していきたいのと、 相手に聞き返されずに話ができるようになりたいです。もう一回、外国に行きたいな。(杉山さん)

・意見を聞かれて答えるだけでなく、 会話を発展させていけるようになりたいです。(石丸さん)

・最終的には、僕の方からどんどん先生に質問していけるようになりたいです。社会人になったらすぐに海外へ出て活躍したいです。(今田さん)

山口県桜ケ丘高等学校 画像7