WiLLies Englishの
ビジネス英会話・日常英会話の特徴

新しい「インプット」があるから伸びる

レッスンで使う教材は・・・

新しい「インプット」があるから伸びる

…など多数を用意。
生徒のレベルや関心に合わせて教材を選択できるようになっています。

目標に向かって計画的に必要な
インプットをしていくスクールです

「英会話を何年も学習しているが伸び悩んでいる」そんな悩みを持つ方は非常に多く、共通するのは計画的なインプットがないことです。“毎日英会話”をしているけれど、同じ言い回しでは上達しません。新しい知識がないと、新しい会話はできません。リスニングもスピーキングもインプットがあってこそ上達します。ビジネスに特化した言い回し以前に、中学校や高校で習った英語の基礎を“使える知識”にしていきます。その上でビジネスの状況を想定した英会話を習得します。
新しい知識がないと、新しい会話はできません。リスニングもスピーキングもインプットがあってこそ上達します。
ビジネスに特化した言い回し以前に、中学校や高校で習った英語の基礎を“使える知識”にしていきます。その上でビジネスの状況を想定した言い回しを習得します。

実践で使える知識になるまで「アウトプット」を繰り返す

実践で使える知識になるまで「アウトプット」を繰り返す

新しい知識を習ってからがスタート。定着化がなにより重要

英語学習はスポーツと似ています。例えばバットの振り方、ボールの蹴り方は知っていても、それを何度も何度も繰り返し体に覚え込ませなければ実践で使えるようになりません。英会話も一緒でせっかく習った新しい知識もこの「繰り返し体に覚え込ませる」作業をしないといつまでたっても実践力はつきません。WiLLies Englishでは、同じ教材を最低3回、予習・復習入れると50回は音読していただきます。この練習こそが本物の英語力を身につけるための王道です。

「忙しい」を言い訳にしない固定スケジュール・担任制

「忙しい」を言い訳にしない固定スケジュール・担任制

英語の時間を作り、習慣化させる。これが成功への第1歩

”毎日・いつでも予約できる英会話”も忙しいとだんだんと後回しになり、頻度は減り、予約も面倒になってくる・・。忙しい社会人の方こそ、一週間のうち決まった時間を英会話にあてる「固定スケジュール・担任制」をお勧めしています。お気に入りの講師から毎週決まった時間にレッスンを受講する。担任講師が次回までの宿題を出し、レッスンでチェックする。最初はきついですが3ヶ月がんばりましょう。英語学習が習慣化すれば最大の壁は乗り越えたといっても過言ではありません。もちろん振替もできますし、習慣化したら自由予約制にされてもOKです

ビジネス英語も日常会話もTOIEC対策もここで完結

ビジネス英語も日常会話もTOIEC対策もここで完結

全ての学習は繋がっています

スコアアップだけが英語を習う目的であればWiLLies Englishはお勧めしません。当校よりも効率的にスコアアップができるテクニックや暗記型学習をお勧めします。TOEIC学習をしながらも、その知識を実践でも活かしたいという方であればぜひ当校のレッスンを受講ください。もちろんビジネス会話特有の言い回し・表現方法や、TOEIC特有の言い回しへの慣れは必要ですが、目的がなんであれ、揺るぎない英語の土台=基礎は全ての方に必要不可欠です。この土台を築き、その上で皆さんの目的に合わせた最適な教材・レッスンをご提案しています。

大手企業の英会話研修でも続々採用

大手企業の英会話研修でも続々採用

大手航空会社・電子部品製造メーカー・
製薬会社などで続々採用

 
企業向け研修完了率90%で定評のある株式会社WizWeとWiLLies Englishは、Smart Habitを活用した法人向けオンライン英会話プログラムを提供しています。既に大手航空会社様、製造業様、製薬業様を中心に
多数の企業様語学研修でご利用頂き、研修後も多くの方にリピートを頂いています。大手企業の語学研修プログラムでも定評のあるレッスンをお届けします
(※ Smart Habit導入をご検討の場合はお気軽にお問い合わせください)


実際のレッスン風景

レッスン⾵景

ビジネスで、大学・高校受験や
英検で目標達成者多数!

実践で使える英語、難関試験で実力を発揮するには、単に英会話を楽しむだけでなく、インプットを計画的に行う必要があります。
英作文トレと音読トレで知識を脳に刷り込んでいくレッスンをご提供しています。


英語出版社のアルクさんに当校のレッスンを取材いただきました!

英語出版社のアルクさんに当校のレッスンを取材いただきました!

皆さんご存知の『ENGLISH JOURNAL』で有名な英語出版社のアルクさんに当校のレッスンを取材いただきました! 体験レッスンも受講していただいたので雰囲気もよく伝わります。
ぜひこちらの記事をご一読ください

山口県桜ケ丘高等学校、晃英館の皆さんからフィードバックを頂きました!

山口県桜ケ丘高等学校、また同じキャンパスにある晃英館コースでは、ウィリーズ英語塾のマンツーマンオンライン英会話を通じて 「音読」「シャドウイング」「ディスカッション」の他、英検面接対策も行っています。
ウィリーズ英語塾の特徴である担任制、音読トレや宿題をきちんとやるスタイルで英語4技能習得を支援させていただいています。
生徒の皆さんからは特に リスニング力の向上、ディスカッション時の瞬発力の向上などについて効果を実感しているとの声を頂きましたのでご紹介します。

当校は高校や大手学習塾でもご利用頂いています

山口県桜ケ丘高等学校(特進コース・晃英館コース)

インタビューに協力してくれた高校1年生の皆さん
川村さん(左奥)、池永さん(左前)、今田さん(右奥)、石丸さん(右中)、杉山さん(右前)

-学校紹介-

山口県桜ケ丘高等学校は、昭和15年創立の歴史ある学校です。また平成17年に設立された晃英館コースは山口県周南市唯一の中高一貫校で東京大学をはじめ、国立・私立難関大学への合格者を輩出しています。
教育目標の一つに「高度な英語のコミュニケーション能力を身につけ、国際社会に貢献できる人材の育成」を掲げ、英語4技能の習得を実践しています。

-WiLLies Englishを選んだ理由-

  • オンライン英会話では珍しい担任制で、生徒のモチベーションが維持できる
  • 楽しいだけでなく、音読トレや英検面接トレ、宿題も毎回でて4技能習得に効果がある
  • 担任講師だけでなく、WiLLiesの運営スタッフも相談にのってくれ、きめ細かな対応をしてくれる

-WiLLies Englishレッスンプラン-

  • 山口県桜ケ丘高等学校特進コースは毎週、晃英館コースは隔週でマンツーマンの英会話レッスンを実施
  • 学校で使用している英語教材の他、ネット上の記事を教材化して「音読」「シャドーイング」「単語テスト」「ディスカッション」を行っている
  • また英検の時期になると面接対策を行っている
  • 実際の授業の風景(山口県桜ケ丘高等学校HPでも紹介頂いています):http://y-sakuragaoka.ed.jp/news/pg490.html

1.レッスンを受けてなにか変わってきたことは?

山口県桜ケ丘高等学校 画像2
・始めた頃は言いたいことが言えず先生に任せっきりだったけれど、 2学期に入って言いたいことを言えるようになったと感じます。例えば授業であったことを話したり、フィリピンのことを質問したりできるようになりました(池永さん)
・1対1でレッスンをすることで リスニング力が向上したと感じています。ただ、まだまだ自分の言いたいことが言えないので、そこが今後の目標です。(川村さん)
山口県桜ケ丘高等学校 画像3
・最初は聞き取れないことが多かったけれど、 最近はリスニング力が向上したのか、聞き取れるようになってきました。
やはり外国人の先生と直接話しをすると楽しいし、単なる聞き取り練習とは違いますね。また担任の先生と会話したいと 思うので毎回きちんと予習しています。(杉山さん)
2学期に入って自分の意見を言えるようになってきました。最初は言いたいことが言えなかったけれど、単語力もついてきて先生と会話ができるようになってきました。(石丸さん)
・最初はスカイプを使ったレッスンに少し抵抗を感じていたんですけど、 最近では伝わるかどうかは気にせず自分の意見を言うようになってきました。(今田さん)

2.どんな点が楽しいですか?

山口県桜ケ丘高等学校 画像4

自分の意見が伝わると、とても嬉しい気持ちになります。(池永さん)

・共通の話題で先生と意見が合うと楽しいです。
最近教材でK-popが取り上げられて、 先生とその話題で盛り上がりました。(川村さん)

週末にあったことをお話するのがとても楽しいです。フィリピンのことを聞くのも楽しいです。最近台風の話で似てることや違うことなどあって、驚くこともあります。中3の時にオーストラリアに英語研修に行ったんですが、その前にオンライン英会話をしておきたかったです。(杉山さん)

今週末何するの?といったおしゃべりは楽しいです。(石丸さん)

英語で自分の意思が相手に伝わったときには達成感がありますね。僕はすぐに教材にはいってそこからお話をしています。(今田さん)

山口県桜ケ丘高等学校 画像5

3.今後どのようなチャレンジをしていきたいですか?

山口県桜ケ丘高等学校 画像6

・ 外国人の先生と1対1で毎週話すという機会はとても貴重で、この学校でそれができるようになりました。
将来外国人の方と働くようになったら、物怖じせず、自分から積極的に話せるようになっていきたいです。(池永さん)

・先生から話しかけてもらうことが多いですが、本当はもっと自分から話しかけられるようになりたいです。(川村さん)

・発音を直していきたいのと、 相手に聞き返されずに話ができるようになりたいです。もう一回、外国に行きたいな。(杉山さん)

・意見を聞かれて答えるだけでなく、 会話を発展させていけるようになりたいです。(石丸さん)

・最終的には、僕の方からどんどん先生に質問していけるようになりたいです。社会人になったらすぐに海外へ出て活躍したいです。(今田さん)

山口県桜ケ丘高等学校 画像7